2017年02月23日

『うつヌケ』 田中圭一著


スポンサーリンク


 手塚治虫が憑依ひょういしたかのような絵柄を得意とする作者は、ちょっと不謹慎なパロディー作で知られるマンガ家。大胆不敵なこの人が、10年近くうつ病を患っていたとは! どうやって病を克服したか。同様の体験をした人へも取材し、豊富な「うつヌケ」例を真面目にマンガ化した。

 作者は、うつが正体が分からない「幽霊」ではなく、性質がはっきりした「妖怪」だと悟って怖くなくなったという。バンドでの大成功がうつのきっかけになったという大槻ケンヂさん、向いていない管理職の仕事が引き金になったという作家の宮内悠介さんら多くの著名人も登場する。

 体験は深刻でも本書は、不安に悩む人々を励ます温かさに包まれている。マンガの神様そっくりの絵の効用かもしれない。(KADOKAWA、1000円)(佐)
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/press/20170213-OYT8T50055.html

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
田中 圭一
KADOKAWA (2017-01-19)
売り上げランキング: 1


posted by 親切な中沢 at 19:41 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニート・ひきこもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック