2018年04月29日

決算持越しは危険!?


スポンサーリンク


***********
決算前のソニー54万円
決算後のソニー51万3千円、10時20の安値50万3800円。

アライドテレシス
180円からの上昇で280円をつけたが
そこから下落。決算前は182円だったが、
決算後の大赤字でストップ安に。

フライトホールディングス
決算前に上方修正。決算は来期の利益が5倍とのことだが。

********


6758ソニーの決算を持ち越した。
外国の取引であるADRが9%下落した。
来期が減益予想のため。

ただ、今年の5月は月曜が休みで
1日の火曜日からの取引。月曜がクッションになる
可能性も・・・。
しかし、ソニーは40万、50万円と上げてきたから
来年にはその倍の100万円になるかと思っていたけど
考えが甘かった。

結果は火曜日に出る。

7624 naito
決算は微妙で長期保有の目的で持ち越したが、
翌日10%くらい下がった。トランプショック前までは
陽線だらけで待てば4桁行くと思ったのだが。
ぶん投げてマネックスGに移動した。

決算持越しはギャンブルと言われている。結果が良くても
悪くても材料出尽くしで下がると言われている。

ただ、例外もあって、NEW ART(旧シーマ)は黒字化して
14円から40円まで高騰した。

ソニーはどうだろうか。上でも下でもなくヨコヨコだったりして。
任天堂に追いつけ追い越せ・・・。
posted by 親切な中沢 at 20:04 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 株・投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。