2018年08月28日

猛暑でご飯が傷んだ


スポンサーリンク


一昨日39度くらい。昨日は36度くらいと
猛暑がぶり返した。

ご飯を炊いて炊飯器にそのままにして
翌朝ご飯を茶碗に移そうとすると「むっとしたような」臭いが。
少しご飯がピンクがかっていたような。

気にせず茶碗に移してラップ、冷蔵庫へ。
夕食の時に温めて食べようとすると食感がネチネチ、
後味が何とも言えないような嫌な感覚で
耐えられずに処分した。

酸っぱいとかじゃないが。

ご飯は粗熱をとってその日の夜には仕舞わないとダメだ。
一晩そのままにすると夏は痛む。
33度くらいで警戒すべき。夜にしまえば解決なんだけどね。
いつも14:30に炊いてる。
posted by 親切な中沢 at 16:53 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。