2016年12月30日

女性の自殺を止めたお手柄高校生について、はたしてお手柄なのだろうか・・・


スポンサーリンク


2ちゃんねるで自殺を女性の自殺を止めた高校生のことが
話題になっている。

「助けた後、どうするの?」

溺れている人を助けるのは正解だけど、自殺を
止めるのは賛否両論あると思う。
自殺の理由はいろいろあると思うが、経済苦、病気、その他
といったところか。助けたことはともかく、表彰までするのは
どうかという意見・・・。

尊厳死という言葉があるように死なせてあげるべきだったのでは、と思う。
「いらない命なんてない!」というなら、借金を肩代わりしますか?
病気だったら治してあげますか?
口で言うのは簡単だけど、やるのは難しい。

この高校生らはまだ若いけど、この先、死にたくなるようなことに
直面したら、この女性の気持ちがわかるんじゃないかな・・・。

本当に助けたというのは、その後も面倒を見ることだと思う。

ホームレスや派遣切りに同情しないでしょ?

悲惨な自殺が増えているのなら、スイス?だっけ、
ヨーロッパみたいに安楽死施設を作るべきだと思う。

以下、記事の引用。


熊本)女性の自殺を止めた高校生2人に感謝状 熊本南署
http://www.asahi.com/articles/ASJDV43D6JDVTLVB00J.html

自殺しようとした女性を助けたとして、熊本南署は開新高校3年の小山泰成さん(18)と坂本征史朗さん(18)に感謝状を贈った。

 南署によると、2人は学校から帰宅中の5日午後8時50分ごろ、熊本市西区上代3丁目の坪井川に20代の女性が入って行くのを見かけ、自殺しようとしていると察知。機転を利かして役割分担し、小山さんが川に入って女性を浅瀬まで引き揚げ、坂本さんが110番通報した。女性は低体温症で病院に搬送されたものの、命に別条はなかった。

 坂本さんは「また同じようなことがあっても助けたい」。小山さんは「すごいことをしたんだなと思いました」と話した。(沢田紫門)

posted by 親切な中沢 at 15:07 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

雪崩で1人心肺停止=立山連峰、東工大生ら―富山


スポンサーリンク


29日午前8時25分ごろ、富山県立山町の北アルプス・立山連峰の室堂付近(標高2520メートル)で、雪崩に巻き込まれたと110番があった。

 東京工業大の学生6人のパーティーで、地元消防によると3人が雪崩に巻き込まれ、うち男性1人は心肺停止状態。残る2人のうち1人は低体温症で、もう1人は無事という。

 県警上市署によると、同じパーティーの男性(19)から通報があり、県警山岳警備隊が駆け付けた。雪崩は長さ50〜60メートルにわたったとの情報もある。現場付近の積雪は28日時点で約70センチだった。

 パーティーは26日に室堂に入り、29日に下山すると届け出ていた。

 東工大によると、6人はワンダーフォーゲル部に所属する1〜3年の男性で、大学側には29日まで立山連峰で雪上訓練を行うと課外活動届を提出していた。同大は職員を現地に派遣した。

 現場付近は新雪が積もるなどして不安定な状態で、数日前にも複数回雪崩が起きており、県などは「非常に危険な状態」と注意を呼び掛けていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000047-jij-soci
posted by 親切な中沢 at 15:15 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任期満了前の辞任表明=国会に委ねる―朴大統領が3回目の談話・韓国


スポンサーリンク


 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は29日、親友の崔順実被告による国政介入事件による混乱を受けた3回目の国民向け談話を発表し、事件について改めて謝罪し、「任期短縮を含め進退問題を国会の決定に委ねる」と表明した。

 退陣を求める声が強まり、国会での弾劾訴追案の採決が迫る中、任期の短縮を受け入れる考えを初めて示した。任期満了前の辞任は1987年の民主化宣言後初めてとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000080-jij-kr
posted by 親切な中沢 at 15:15 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

高齢化による介護問題


スポンサーリンク


20歳から家族の介護をし...無職・独身のまま37歳
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0407/497384.htm?g=11

2ちゃんねるの嫌儲板を見ていて気になった記事。
この人、20代から介護をしていて大学も中退、37歳で
やっと解放されたとあるな・・・。マジか。

共働きの両親はそんな苦労はつゆ知らず。
弟も結婚して孫ができたとか。

自由になったら、なったらで「もう出て行ってもいい」
はひどすぎるな・・・。

以下に介護関連のコミックを紹介しておく。








演歌 ブログランキングへ







↓げん玉に登録しておこづかいを貯めよう!


posted by 親切な中沢 at 15:50 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする